忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/06/23 05:24 |
携帯小説から新しい文学は生まれるか 2
携帯小説から新しい文学は生まれるか 2 携帯小説の話からは少し外れてしまうのですが… 漫画家を目指している友人がいました。 彼女は、最初はマーガレットとか、花とゆめなんかに投稿していたのですが、一番よくてB賞。 なかなか評価されなかったんですね。 で、彼女がどうしたかというと、もっと発行部数の少ない、マイナーな雑誌に投稿するようになったんです。 マイナーな雑誌なら読者も少ない→投稿者も少ない→賞を取れるかも! という発想です。 結果的にA賞まで行ったのかな? 評が載らない中では最高の賞。 結局、彼女はマンガ家になる夢をあきらめてしまったのですが、結果はともかくこういった戦略もアリだと思うのです。 「携帯小説から新しい文学は生まれるか 1」でも語ったのですが、ポスト「銀英伝」として名高い、小野不由美の「十二国記」は、少女小説が初出ですよね。 詳しいことは分かりませんが、小野不由美氏は確実にデビューできる場として、まずは少女小説を攻めたのではないでしょうか。 なんでもそうですが、上達するためにはまずは数稽古が必要。 山本一力氏のように苦節○年もいいと思いますが、まずはデビューしてしまい、プロの作家として研鑽するというのも一つの道でしょう。 プロとして作品を発表すれば、アマチュア時代と比較して、飛躍的に批評の場に晒されて磨かれていくでしょうからね。 携帯小説にも、「日本ケータイ小説大賞 」「短編ケータイ文芸賞 」などといった賞が設立されました。 携帯小説も、ここを窓口として、実力のある作家さんが育つ場になるかもしれないですよね。 楽しみです。
PR



2008/05/16 15:09 | 携帯小説と文学

<<携帯小説レビュー|戦場のサレ妻 | 携帯小説HOME | 携帯小説から新しい文学は生まれるか 1>>
忍者ブログ[PR]