忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/11/24 12:48 |
携帯小説について語ってみる

携帯小説は、携帯の普及と共に爆発的にヒットしました。
主な携帯小説には、稲森遥香の『純愛』、chacoの『天使がくれたもの』、十和の『クリアネス』 、べあ姫の『Teddy bear』、美嘉の『恋空』,
メイの『赤い糸』、百音の『永遠の夢』、Yoshiの『Deep Love』、凛の『もしもキミが。』 などがあります。
携帯小説は、主に『魔法のiらんど』や『Gocco』などの専門サイトで掲載されています。
ですので、今話題の携帯小説を読みたければ、これらの携帯専門サイトを訪れてみるのが良いでしょう。

携帯小説の特徴は、携帯電話という媒体によるところが大きいです。
つまり、携帯電話の小さい画面で小説を読むということは、あまり長い文章を書きにくいということに鳴ります。
そのため携帯小説では、修飾語を減らした簡潔な文体になり、文章で表現するというよりは、登場人物たちの会話によって物語が進行するという形式が取られがちになります。
また、携帯というハードの特性、また若い書き手が多いことから、絵文字やギャル文字も使われるため、若い世代以外には分かりにくい面もあります。また、機種により文字化けして読めないといった問題もあります。
そのため、従来の小説と比較して「語彙が少ない」「表現力が稚拙である」といった批判も出ています。

しかし、こうした批判にもかかわらず、携帯小説は伸び続けています。
つまり、携帯しょうせつには勢いがあるということなのでしょう。

PR



2010/05/10 16:36 | 携帯小説について

| 携帯小説HOME | 携帯小説への批判への反論 1>>
忍者ブログ[PR]